銀行系カードローンがやっぱり一番

銀行系カードローンがやっぱり一番

カードローンに興味を持ったなら、やはり一番おすすめできるのは銀行系カードローンになるかと思います。

 

やっぱり銀行がバックについていますから、資金力が全く違いますし、経営に不安を持たなくてすみます。

 

そして、経営に不安がないという事は、無理に高利息で取り立てるような事を絶対にしないという信頼感がもてるということにもつながりますよね。

 

 

潰れそうな会社ほど、無理に強制的に借金の取り立てをしそうなイメージがあります。

 

なので、有名な銀行系カードローンを利用することが、そのようなトラブルに巻き込まれないためには大切だと思います。

 

実際、銀行系カードローンを利用した友達や知り合いが多くいますが、誰も何のトラブルにも巻き込まれていませんし、普通に便利に使い続けていますよ。

 

もちろん、人によっては一度使ったっきり一括で返済してそれ以来は使ってない方もいますし、毎月のように使い続けている方もいますが、いずれの場合も返済が遅れたりすることもなく順調にカードローン生活を送っているみたいです。

 

 

 

もちろん、いくら安心できるからって甘く見て返済をちょっとくらい遅れてもいいだろう、なんて思ってはいけません。

 

そのような事をしても乱暴な取り立てはありませんが、今後新規の融資が利用できなくなってしまいます。

銀行系カードローンのメリットとデメリット

 

銀行系カードローンは、個人向けの融資として有用なものです。

 

そして、その利用に際しては多くのメリットがあります。

 

まず、銀行系カードローンは総量規制の対象外となっています。

 

総量規制とは、『年収の三分の一以上の借り入れはできない』というものです。

 

 

 

銀行系カードローンなら、こうした限度額を超えて借り入れをすることが可能なのです。

 

また、利息が低く設定されているのも魅力です。

 

貸付金利が10%以下であるところが多く、返済時の負担が大きく軽減できるのです。

 

さらに貸付限度額も数百万円程度と高く、幅広い用途に利用できます。

 

ただし、銀行系カードローンにはデメリットもあります。

 

それは、融資申し込み後の審査に時間を要することです。

 

銀行では、申込者のキャッシング利用履歴や延滞事故、現在の収入状況、債務残高などについて入念に調査します。

 

 

 

そのため審査が厳しく、時間もかかるということになります。

 

この点が、消費者金融やクレジットカード会社との違いだといえます。

 

このように、銀行系カードローンにはさまざまな特徴があります。

 

自分の属性や必要な融資金額を踏まえ、最適なサービスを選びましょう。

 

そして計画的な利用と返済を徹底し、延滞事故が起きないように留意することが大切です。

銀行系カードローンのメリット

 

銀行系カードローンは銀行がバックアップしているという信頼感・安心感がある、金利が低い、限度額が高い、

 

借入総額原則年収の3分の1を超えてはならないという総量規制の対象外など様々なメリットがあります。

 

その代わり比較的審査に厳しい、審査に時間がかかるなどのデメリットがあります。

 

 

 

ですが最近の銀行系カードローンは即日審査・即日振込による融資を行うところが増えて利便性が良くなっています。

 

インターネットに接続できるパソコン、携帯、スマートフォンで来店不要で申し込めるようにもなりました。

 

ご利用限度額の範囲なら自由に借りることができますし、24時間営業のコンビニATMで時間を気にすることなくご利用いただけます。

 

旅行や出張先でも全国にたくさんあるコンビニに来店すれば現金を工面することができます。

 

返済方法も口座からの自動引き落とし、オンラインバンキング、ATM、窓口など様々です。

 

 

 

銀行系カードローンによって違いますが、返済方式は毎月一定額になっていることが多いです。

 

返済プランを立てやすい、毎月の返済額が分かりやすくなっています。

 

利息の付き方は日割り計算で借りた日数分だけ、早く返済するほど利息分を抑えられます。

 

ATMや窓口などで余裕のある月は繰り上げ返済を積極的に行いましょう。

 

肩こり解消 枕